ホーム / 新着案内 / 更新案内 / 人気ランキング / キーワードランキング / 相互リンクサイト /

分野 >
推理・ミステリー

[カテゴリ別]: 人気ランキング   1 - 2 ( 2 件中 ) 
隠蔽捜査 (今野 敏)
 警察小説の魅力は、サスペンス、ミステリーの要素があるのはもちろんのことですが、個人対組織というものがストーリーの重要なテーマになっている場合が多い。組織と言っても煎じ詰めると人の集まりであり、結局は人と人の関わりと言うものに収斂されるかもしれない。そもそも人間は社会的動物であると言われています。 警察小説では、それが際立つためにあるいは際立った背景を有するために、読み手は深いインパクトを受けるのではないかと思います。
 そうして、警察小説ではよくあるシチュエーションとして現場の目線から見た、「キャリア官僚」との対立・葛藤が取り上げられことが良くあります。ところが、この小説は「キャリア」の目線でしかも「キャリア」対「キャリア」の葛藤がストーリの主線を成しています。この設定自体が新鮮で、あまり意識することがなかったキャリアの心情とその行動に、私はすっかり惹きつけられてしまいました。
 物語は、竜崎信也というキャリア官僚が主人公になっています。彼は家庭のことはいっさい顧みないような、仕事一筋の、一般の人間からみたら少々食えないような男ですが、彼には官僚にたいする強い信念とキャリアとしての矜持がありました。
 そうしてこの物語の中にもう一人の重要な役割を担う伊丹という男が登場します。彼は竜崎の小学校時代の同級生で同じキャリア官僚です。しかし、彼らは決して仲の良い友人などではなかった。竜崎は、過去のある出来事から伊丹に対して屈折した思いを抱いていた。この二人を軸に物語は進んで行きます。
 物語はある殺人事件から始まる。被害者は暴力団組員だった。だが同じく拳銃による第二の殺人が発生し、そうして凶器は違うが第三の殺人事件が発生する。当初、暴力団の抗争によるものかと思われたが、思わぬ共通点があきらかとなる。三人の被害者はいずれも十年前の少年犯罪の加害者だった。その事件は女子高校生が凌辱目的で誘拐され、挙句の果てには殺害されるという悲惨なものだった。だが、加害者たちは少年だったために重い刑を受けることはなかった。
 そうして、捜査の進展とともに思わぬ容疑者が捜査線上に浮かぶ。あろうことか容疑者は現職の警察官だった。
 そんな折、竜崎は息子の邦彦がヘロインを使用していることを知る。彼は自分が積み上げてきたものを全て失うことになるかもしれないと思い、絶望にとらわれる。
 更に、警察の上層部が殺人事件の隠ぺいを図ろうとしていることを知って、竜崎の苦悩は二重に深まる。
 しかし彼は、悩んだ末に自分の信念に従って行動することを選択する。
更新日:2013/04/14(Sun) 06:57 [修正・削除] [管理人に通知]   投稿者:かごめ 
半落ち (横山秀夫)
 連続少女暴行事件に当たっていた志木警視のもとへ、突然「現職警官による妻殺害事件を担当せよ」と連絡が入る。
 自首してきた警察学校教官の梶はアルツハイマー病に侵された妻の殺害についてその動機と経緯について自白し事件は落着するかに見えた。
 だが、彼は事件の発生した日から出頭するまでの空白の2日間について、一切の供述を拒否した。
 そうして捜査の結果、彼は新宿歌舞伎町に行ったらしいことが分かる。歌舞伎町の悪いイメージがひとり歩きすることを恐れた警察上層部は、志木に供述書の捏造を命じる。事件は検察にまわされるが、担当の佐瀬検事は、供述に不審なものを感じ警察内部の調査を進めようとする。
 こうして物語が始まり、警察と検察の対立を横糸として梶に関わった様々な人間が、様々な思いを紡ぎだしていく。
 時が経ち、定年間近の刑務官古賀は、新しく入所した風変わりな受刑者、梶の処遇に困惑していた。そんな折、志木という男からたびたび電話が入るようになる。
 そうして志木はついにその謎を解くことになる。警察官であった梶にとって、名誉こそは生命よりも大切なものだったはずだ。その名誉を捨ててまで彼が守り通そうとしたものはなんだったのか? 感動の結末があなたを待っています。

<<<半落ちとは、警察用語で容疑者が容疑を一部だけ自供している状態のこと>>>
更新日:2012/07/31(Tue) 16:14 [修正・削除] [管理人に通知]   投稿者:かごめ 
  1 - 2 ( 2 件中 )